保険の解約

  • 2020年1月15日
  • 保険
  • 201view
  • 0件

いったん入った保険は基本的に解約しないほうが有利に働くことが少なくありません。
たとえば、30歳で契約した保険を40歳になったときに解約したとします。その年齢から他の保険に切り替えるとなれば、その年齢での契約となるため保険料が高くなる可能性が大です。
よほど保険商品の設計に影響がでるほど金利が上昇しているなどあるなら話は別ですが、10年前の保険と今現在の保険商品とで比べたときに、魅力ある商品が発売されてるとは限らないです。

解約のリスク

仮にどうしても保険設計上、他の保険に切り替えるということなら新たな保険を契約して成立後に今の保険は解約しましょう。今まで入っていた保険が不要になって、まったく別の主旨・目的による別用途な保険であれば解約を先に進めても構いませんが、今の保険の代替えとして考えてるなら先に解約するのは避けましょう。

理由は、次の保険に入れる保証がないからです。
今現在の仕事・健康状態によっては保険を成立させることができない可能性があります。

案外保険の引き受け不可になるケースは少なくありません。
健康診断を受けていて健康上何の問題がないとしても、一応保険成立後に解約するようにしましょう。

もしも今まで1年以内に健康診断を受けてないなら、なおさら先の解約はNGです。